東京都八王子市のアビリティーホーム | 住宅ストック循環支援事業

住宅ストック循環支援事業


交付申請の期間が一部延長となりました

住宅ストック循環支援事業の一部受付期間が延長となりましたのでご案内いたします。

「良質な既存住宅の購入」「住宅のエコリフォーム」は平成29年9月7日まで交付申請期間が延長となりました。予算に達した場合、期間内でも受付が終了となりますので、ご希望の際は下記お問い合わせボタン、又はお電話にてお問い合わせください。

※エコ住宅への建替え(注文住宅)の交付申請は平成29年6月30日で受付を終了しました。

復興支援・住宅エコポイントに関する重要なお知らせ(予約申込受付の早期終了について)

住宅ストック循環支援事業がはじまりました。

住宅ストック循環支援事業とは

インスペクションを実施し、既存住宅売買瑕疵保険に加入する既存住宅の取得や、耐震性が確保された省エネ改修、一定の省エネ性能を有する住宅への建替えに対して、国がその費用の一部を支援する補助制度です。

住宅のエコリフォーム
補助要件 ・エコリフォームを実施すること
・耐震基準が昭和56年以降の新耐震基準に達していること
対象工事 @開口部の断熱改修
 (ガラス交換・内窓設置・外窓交換・ドア交換)
A外壁、屋根・天井または床の断熱改修
 (一定量の断熱材を使用)
B設備エコ改修
 (エコ設備※1のうち、3種類以上を設置する工事)
(※1)太陽熱利用システム、節水型トイレ、 高断熱浴槽、高効率給湯器、節湯水栓

@〜Bのいずれかと併せて実施する【A】〜【E】の改修工事等も対象となります。
【A】バリアフリー改修
  (手すり設置、段差解消、廊下幅等の拡張)
【B】エコ住宅設備の設置
  (1種類又は2種類の設置)
【C】木造住宅の劣化対策工事
  (土間コンクリート打設等)
【D】耐震改修
【E】リフォーム瑕疵保険への加入
補助金額 上限30万円/戸
(耐震改修を行う場合は45万円/戸)
※工事内容に応じて補助金額は異なります。
良質な既存住宅の購入
補助要件 ・若者(予算成立日(平成28年10月11日)において、40歳未満の方)が 自ら居住する住宅として既存住宅を購入すること

・既存住宅の引渡し前1年以内にインスペクションを実施し、売買瑕疵保険に加入すること

対象工事 ・購入住宅のインスペクション
※購入した住宅をリフォームする場合、エコリフォームの補助金を 併用することができます。
(工事の内容はエコリフォームの項目をご参照ください。)
補助金額 インスペクション 5万円/戸
※エコリフォーム併用時の上限額 50万円/戸
(耐震改修を行う場合は65万円/戸)
エコ住宅への建替え
補助要件 ・昭和56年以前に旧耐震基準で建築された、耐震性の低い住宅を除却し、自己居住用の住宅として、エコ住宅を建築すること。
対象工事 ・旧耐震基準の住宅を除却した上で行う、下記の性能を有するエコ住宅の建築工事

≪木造住宅の場合≫
※非木造住宅の場合は要件が異なります。
一次エネルギー消費量等級4
断熱等性能等級
BELS☆☆
下記以外 30万円/戸
認定長期優良住宅 40万円/戸
一次エネルギー消費量等級5
トップランナー基準
BELS☆☆☆
下記以外 40万円/戸
認定長期優良住宅 50万円/戸
BELS☆☆☆☆
BELS☆☆☆☆☆
下記以外 50万円/戸
認定長期優良住宅 50万円/戸

※除却した住宅の所有者とエコ住宅の建築工事の建築主が同一である場合のみ対象になります。

※エコ住宅への建替えとして補助対象となる戸数は除却した住宅の戸数と同数になります。

補助金額 最大50万円/戸


・工事着手(請負契約)
 平成28年11月8日以降

・工事完了
 平成29年12月31日(予定)まで

・補助金交付申請
 平成29年1月18日(予定)〜平成29年9月7日(予定)
※エコ住宅への建替え(注文住宅)の交付申請は平成29年6月30日で受付を終了しました。

・完了報告
 平成29年12月31日(予定)まで

補助金の申請手続き等

事業者登録をしている事業者のみ、補助事業者として申請手続き等を行うことができます。アビリティーホームも事業者登録をしています。
交付申請、完了報告の手続き及び補助金の受領は、補助事業者が代行して行いますが、補助金は当該住宅の居住者に全額還元されます。

詳細は、「住宅ストック循環支援事業」ホームページをご覧頂くか、弊社までお問合わせ下さい。